飲む育毛剤であるプロペシアの効果と副作用が知りたいです!

プロペシアは基本的に一般の薬と同程度の注意で摂取ができる育毛剤です

禿げ上がった頭に栄養をあげるイメージ イラスト

プロペシアはAGA対策に効果が認められているフィナステリドが含有された内服用育毛剤です。薄毛に悩むかたを対象とした試用試験で9割の男性に改善が見られた薬で、その高い効果からAGA治療に励む多くの人が服用しています。

しかし、内服薬であるということで、その効果は塗布する育毛剤より強く出てしまいます。副作用の報告が少ない薬ではありますが、プロペシアの効果と注意すべき症状をご紹介していきましょう。

プロペシアの効果

プロペシアの主成分であるフィナステリドは、元々前立腺肥大のための薬として開発されたものです。摂取したかたの中に髪の成長が見られたため、AGA対策の薬としても研究が進められました。

睾丸で生成される男性ホルモンと、その男性ホルモンを薄毛の原因となるジヒドロテストステロンに変換させてしまう2型5αリダクターゼが結びつくことを阻止し、AGAの発症を防ぐことが可能になります。

日本では2005年に認可された比較的新しい薬です。

プロペシアの副作用について

プロペシアの副作用で特に影響が出やすいとされているが性欲の減退ですが、これについては、プロペシアの作用として男性ホルモンの働き自体を阻害するものではないため、理論上は起こりえないと発表されています。

実際にEDの症状が出るかたもいますが、プロペシアが原因だと考える心因的なものであり、メンタルに影響されているためだという試験結果も出ていますのでやはり問題はないといえるでしょう。

他にも頭痛、腹痛、眠気など、一般的な医薬品と同じように体質的に合わなかった場合に起こる不快な症状が表れることがあります。

しかし、こういった場合は服用を中止すれば改善しますのであまり心配はありません。ただし、有効成分であるフィナステリドは女性には非常に悪影響を与えます。

妊娠時に男子胎児の生殖器形成に大きな影響が出てしまうということで、飲むだけではなく触れることも厳禁です。プロペシアの場合にはコーティングがされているので直接フィナステリドが手に触れる危険性はありませんが、くれぐれも気をつけてください。

プロペシアは基本的に安心して摂取できる薬です。しかし、安全面を考慮するのであれば個人輸入ではなく、しっかりと医師の診察を受けた上で処方を受けてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

    このページの先頭へ