20代の若い女性の薄毛にどういったフィナステリドを選べばいいですか?薄毛の原因を把握して正しいケアで髪を蘇らせよう

20代女性の場合には、妊娠出産時を除いてほぼ急激な女性ホルモンの増減は起こりません。ストレスなどで一時的にホルモンバランスが乱れることはありますが、薄毛になる場合にも男性ホルモンが関係する女性男性型脱毛症・FAGAの可能性は低いとされています。

女性ホルモンの分泌が充分な女性が薄毛になってしまうということはホルモン減少以外の他の要因があり、それに対処ができる育毛剤を選ばなければならないということです。

20代女性の薄毛の主な原因
若い女性の脱毛が増え、髪のボリュームが減ってしまったり分け目が気になってくる原因になるものには

  1. ストレス
  2. 栄養不足
  3. 睡眠不足
  4. 合わないシャンプーやヘアケア剤の使用
  5. パーマやカラー
  6. 紫外線のダメージ

などが挙げられます。ストレスを受けることによって女性ホルモンのバランスが崩れたり、ダイエットや偏った食生活で栄養不足になると毛根に酸素や栄養が届かなくなります。

睡眠が不足してしまうと成長ホルモンの分泌が滞りますし、合わないヘア剤を使用すると乾燥したり逆に皮脂過多となり頭皮環境が荒れてしまいます。

パーマやカラーなどの薬剤も負担がかかってしまうことがわかるでしょう。紫外線も肌だけではなく髪に影響を与えます。まずは自分に当てはまりそうな薄毛の原因を知ることが大切です。

20代女性の薄毛の主な原因

育毛剤の選びかた
自分の薄毛や抜け毛が何に起因しているのか知ることで、まずはその原因を排除する必要があります。その上で修復のために働く育毛剤を使用しなければ効果は得られません。

女性用の育毛剤には主に

  1. 女性ホルモンの働きを助ける
  2. 保湿
  3. 皮脂の分泌抑制
  4. 血行促進
  5. 栄養補給

といった効果があるものが多いですが、若い女性のホルモンの働きは規則正しい生活習慣でバランスが整えられますし、ヘア剤の見直しをすることで皮脂の分泌過多もかなり抑えられます。

そのため20代女性の薄毛には、血行促進や保湿、不足した栄養の補給ができる育毛剤がおすすめです。なるべく無添加で頭皮に優しい育毛剤を使用するようにして毎日コツコツケアをしていけば、薄毛の解消はそう難しくありません。

外的要因が多い若い女性の薄毛は、正しいケアで回復します。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

    このページの先頭へ